忍者ブログ
腐レ絵師・宇賀慶のタダれた日々の記録。。。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、サイトの模様替えも昨夜一段落したところで、
この前の土曜のお話。(遅くてスマセン)
相方の多香子姉サマと豊島公会堂での
"同人誌と表現を考えるシンポジウム"に行って来ました。
やはりR-18を描く側としては何がどの程度までいけないのかと
いうことを知っておかないと、いつの間にやら両手にお縄、
なんてことになりかねませんので。

何方が参加されてどういうことを仰ったか等は
こちらのサイトで具体的にレポートがあると思われます、のと
次回のコミケカタログへもレポートされるそうなので、
興味のある方はぜひともご覧頂くとして…。

我がりす姐御も早くもざっくりブログに纏めに入っていらっさるので
細かい発言等ご覧頂くと良いかなと。
(笑、ラクしてスンマセン姐御v便乗します!)

で。宇賀的所感だけ以下書いておきますと。
嗚呼やっぱりなぁ…というのがコミケ代表市川氏のお話。
いわゆるヤヲイもので販売停止になるというのはあまり無かったそうですが
このところの傾向として、男性向エロよりも腐女向エロのほうがちいと無頓着で
遂に販売停止サークルが出たという…(笑)
確かに、ここ最近の女子向は過激になってきましたからねぇ。
いうなれば何でも全部隠さず描いちゃうそうです。
で、NGが出たら出たで、男性の場合は「ハイ分かりましたッ!」とすぐ
修正を入れるそうですが、慣れてないためか女性の場合「何でですかッ!?」と
噛み付いてくるとか(笑)いんや、素敵v

どうもネットの影響でしょうかね…たまに堂々とアソコまで全部描いてる
サイトさんを見かけるので気にはなってましたが;
恐らくオフラインで本を出してコミケに参加された事のあるサークルさんの
サイトならコミケットアピールを読んでおられる筈なのでオンラインであっても
ボカシを入れなければ刑法抵触の"猥褻図画"にあたると判断されると判るかと
思うのですが、参加しなければそれすら知らない場合もあるからなぁ…。
この無頓着というのは、一部少女漫画を除いて女性向商業ポルノグラフ
というものがまだ存在しないことに由来するのかと思いますが。

まずは2段構えになっている事を認識しなければなりませんよ、
ワレワレ腐女同人は!

1.刑法175条による規定
  "わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は
  二年以下の懲役又は二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処する。
  販売の目的でこれらの物を所持した者も同様とする。 "
 ということで書(描)いても良いけど不特定多数への販売・頒布・公然陳列はNG。
 これは年齢には一切関係ありませんのでご注意!

2.青少年健全(或いは保護)育成条例による規定
  各都道府県において定められているため具体的条文をここでは引用いたしませんが、
 骨子は有害図書・有害玩具の指定、青少年に対してのわいせつ行為の場の提供や
 斡旋を禁止する内容。
 いわゆる18禁指定がこれにあたります。
 18歳未満に頒布しないからといって修正・ボカシなしのものを書(描)いて
 良いわけではありません!!

基本は上記の2点。
そして目下、所持・頒布もさながら表現として議題に上がっているのがこちら。

3.児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律
 (通称として 児童ポルノ禁止法、児童買春・児童ポルノ処罰法)
 長いので引用は割愛。全文はこちらへ。
 18歳未満の児童への性的行為やそれを扱った性的な写真・絵・ビデオの
 提供目的の製造・所持、不特定多数への販売・頒布・陳列・貸与等を禁止してますが、
 対象が「実在する」児童の保護という観点から、表現される架空の児童への適用は
 現状免れているとのこと。
 これを禁止したら手塚漫画を筆頭としてアニメ・コミックの18歳未満の登場人物に
 起きる凄惨な過去としての虐待表現も皆アウトになると。

この部分については今回のシンポジウム開催の契機とも云うべき
警察庁の諮問機関「バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守る研究会」との
検証段階での関わりから挙げられたもので、最終的に法規制は免れたものの
常にそこにあるリスクとして、ポルノのみならず表現への規制としても注意をしておくべきこととの
提言がパネラー諸氏よりありました。 

(以下ぼやきで。
ホントに…ちとここでは深く申し上げませんが、
別板で某法案に反対していた際も畢竟この問題だったなと…。
それだけ上からの力も強くなってきてるのかなーとやや不安があったりします。)


実際に刑法175条が適用された2002年の「松文館事件」についても
パネリストの方々が多く言及されていたのでご参考までこちらへ。
非常に細かくレポートされておられます。

最後にガタケットの坂田氏が故米沢氏(コミケット代表)の生前の言葉として
「曖昧であることの良さ」を述べられていたのが印象的でした。
何でもかっちり決めれば確かに管理するのは楽ですが、
同時に人間味も無くなりますもんね。

外に向かって表現している自覚があまり無かったので、
諸々勉強になりました。
来れなかった皆様にも一部なりとも伝わればいいなぁ…(汗)

PR
自宅のPCに書きかけのレポを保存してしまったため
職場から更新かけようとしてもダメでございます…アフォだ。

てなことでレポの前にぐだぐだとまた徒然。

ここ数日、これまであまり回れなかったサイト様巡りをさせて頂いてますが
何だかパワーの差を感じますよ…皆若いなぁ、なんつて。
更新がホントに早くてオバハン(…なんだよねぇ…皆様の年齢から見ると…
何ともショックなことに)ついていけません(笑)
りすサンともちらっと話ししてましたが、お互い交代で更新するしかないねぇと。
ワタクシは自宅だと作業があるのですが、この通り日中はグダグダなのでどうしたものか。
(というか職場自体マズイのかも?空いた時間はチャイ語でも勉強しておくかな;)
オンとオフとのバランスもあるしで、亀の歩みですが気長にお待ちいただければいいなぁw
とホント思います。m(_ _)m
でも、世代を跨いで一緒に楽しめるものがあるって一つの宝ですよね。
一昔前はイベント会場へ行って分かち合えたものですが、今はネットでリアルタイムでが
可能なので、本当にスゴイことだとシミジミ。
個人の黄土のサイトでは分母となる読者数が全く少なすぎて不動サイト化しちゃったんですが
(そんな中でマメに覗いていただいている方々には本当に申し訳なさ満載なんです。
コンテンツ的に何とかしたいものの…調査等の時間もなくどうしたものか;;)
本来のネットの活用ってばもっとリアルタイムでないとなーとも思いますよ…。
連載終わっちゃったら同じ命運になるのかもしれませんけど、笑;。

とりあえず処理速度を早く、ですか。
デジタル慣れしてないとすげー辛いもんです。うう、ペンタブめ(怒)
6/24に簡単なコピー本(結局またか、笑)を出せればなぁとまたも無謀な計画が
あったりしますんで何件かを同時進行処理しないといけませんヨ。
夏新刊のほうも"こういう内容で"と摺り合わせしていて、24日が終わったら即
修羅場突入の予定…。
今のペースだとコミスタなんて試してる時間ないかも…?スペック問題もアリ…。
余計に時間喰って結局何のための導入?なんてことになりかねません;
当面、お目汚しなアナログ画で失礼なんですがどうぞご辛抱のほど。

お上手な方が多くて描かなくてもいーんじゃね自分?とホント…
気分は掲載誌の中でコンプレックスを感じているそらっち先生に同じ;;
(絵が上手くならないのはオヤジのせいだ発言が超可愛かったですがv)
でも、微妙に異なる妄想が脳内に広がる限り描くんでしょーね…世話無いや(笑)
やっとこ金曜日v
何だか木曜の18:30が終わった途端に気が抜けるのか、朝から気分は既に休日モード。
まるっきりだめな大人だ……スンマセン。

昨日のアニ銀の次週予告。なんですかあのビミョ~な予告は。
いかにもこれから過去を蒸し返しますゾという出し方で個人的にはヤなんですけど、
"無くした物を探すにはその日の行動をさかのぼれ"って何無くしたんだッ!?
失せ物ありすぎでしょーに、どこに話を振ろうとしてるのかわからんちよ。
まぁ辰んが出るからいいかvなんて。

で話は違うんですが、職場で筋トレブームです。
4巻組のトレーニングDVDで6パック(腹筋のあれです)を目指すと…。
腹ワレ…何だか絵で描けたりすると自分がやらなくても満足してしまうので
実際に懸命にトレーニングしてる人は大変だなーと…。
とかいいつつこの前の月曜、信号の横断にダッシュするということがあったんですが
それだけで脛の筋肉がまだ痛いつーのは運動不足過ぎですね。
少しは皆様を見習わなければ…;;

あー、眠いしなんかグダグダ…。
何だか反動で土日をほぼ睡眠過多で過ごしてしまい原稿の修正が頓挫しました、笑;
うーん、体調コントロールが利かないのってイライラしますねん…って
部分せっかちな性格が原因なんですけど、このペースでは入稿〆日の6月上旬すら
おぼつかなくなるので健康管理も注意しないと。
ぼちぼち夏向け新刊のネームも考えんと間に合いませんしね…orz
(りす姐御、論文の合間に編集会議しませ~うw は、それどころじゃない?スンマセン;;)

昨日深夜の某局で、故手塚治虫氏の仕事のドキュメンタリーが再放送されてたんですが
3日で3時間睡眠、一日20枚のノルマなんてのを知りまして面食らってました。
まー完全にこなせないとしてもそれだけを描き上げるスピードが無いと
アイディアが書ききれないというのも驚きではあるんですが
間違いなく体オカシクなりますって…;;
こんなすごい方の真似なんて逆立ちしたってムリなんですが、月産20枚でひーひー云っても
居られねーやと反省いたしました。たとえ本業があるにせよ…せめて30枚目標にはしたい;;
何だか意外だったのは、こんな大成された先生でも最後まで絵にコンプレックスを持っていたと
いうことでしょうかね…服の皺がかけないとか、結構気にされていたらしく…。
ワタクシなんぞは何も考えずに絵を惰性で描いているもんで多香子サンの所感を聴くまで
意識もしなかったんですが、漫画における絵のリアリティや美醜について、本人が描く以上に
結構見られているんだなぁと…。
極端な話、コマがあって噴出があって台詞が書かれていれば絵なんて目の端でしか
見られてないものだと思っていたのですが、どーも違うらしく(笑)
逆に絵描きとしてよく見てしまうのは、服の柄とかものの位置とかの方向に矛盾がないかという
ところなんですがそれは結構重箱の隅ツツキレベルでどーでもいいことだったりして。
こういうときに思い出されるのが、昨年背景トレースのお手伝いをさせていただいた先で
アシスタント暦ン年のベテラン氏から"最低限の書き込みで全体を想起させる"
背景というものなんですが。
あまり書き込んでも労力の無駄で、全く描かないと伝わらない、そのいい塩梅で描けるのがプロだと。
一昨日、別のサイト様で見かけたコラムに面白いことが書いてありましてこれも面白いと
思ったのですが、ワタクシ達90年代の同人に大きく影響した高河ゆん女史の漫画には
背景がほぼ描かれず、羽などのガジェットや擬音やらで何がどういう状況で起きたかが
象徴されていたのが新鮮であった、とのこと。はぁ、ナルホド。そういわれてみればそうかも。
実は白状するとワタクシ、彼女の作品自体はイマイチで彼女の背景アシさん達の描く背景が
好きでそれに喰いついていたんですが、たまに置かれるからこそ際立ったのかなと
今そのコラムのご指摘を受けて思いますね…。
拙プロフをご覧頂くとわかる通り、故三原順女史が好きなんですが、
彼女の画面は空間恐怖症とばかりに誰のどの作品よりも濃くて黒い。
でもそれは労力の無駄でなくてあの重厚な三原ワールドのための濃さだよなぁと。
それを考えると、結局は個性と効率の狭間に立たされる微妙なメディアだなぁと
自らそこに嵌りこんでしまった己の微妙な運を呪うわけですよ…。

綺麗過ぎて内容が面白くなければ漫画としても意味もなく、
かといって技巧が至らなくて表現が伝わらないのも意味が無い…。
かつて漫画は記号という定義がありましたが、はるかに記号の範囲を超えてしまいましたね。

嗚呼、ワシ(ら?)は一体どこへ行くのか。。。orz

再刷を6/24合わせで決めたので入稿に向けて原稿の手直しをしていますが…あららん。
結構トーンも入っていない上、色々粗が目立ってます。
デジタル化すればこういうことも無いんでしょうが、確かにアナログの妙味や
切羽詰ったぞ感(というか臨場感)は無くなるかも。
デジタルの中でどう味を出すかが醍醐味になるかもしれませんね。

当初写真屋でカラーをやるときも同じことを云っていたんですが
結局今はある程度の操作も判ってきて、個性は確かに無いかも知れないけれども
自分の描きたいように描いてもいるので、要は自分の使い様なんだなぁと。
写真屋は元来レタッチ用のソフト(らしい、笑)のでさして限定された使い方を
想定していないせいか色々と小賢しく(笑)遊べます。
コミスタ、体験版を時間が取れたらやってみるのですが何をどこまで出来るのかが
ちょっと楽しみでもあり不安でもあり…。
ベースのつくりは見た感じ写真屋っぽいので操作ストレスが無くぱっと入っていけたら
いいなと期待してますが…何でもやってみないとワカリマセン。

ただし避けて通れない問題が解像度とPCスペック。
さすがに今回の表紙を処理していた時にファイルサイズ45MBで一杯になっていたので
いい加減にPCの中身を別へ移しつつ、Vista機購入とスペックUPを考えないと…orz
基本ノート派なのでボード増設等は難しいしなー…やったら絶対壊しそう。
携帯とTVとで出費続きなところで(泣)…しかしこうして経済は回るのでありましたとさ。

はぁ…。喰いっぱぐれない職に就きてぇす。
<前のページ   次のページ>
12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22 
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
管理人
HN:
宇賀 慶
HP:
性別:
女性
職業:
Hourly wage worker
趣味:
映画/建築/能楽/仏像 等ノ鑑賞
自己紹介:
都内棲息。
所謂、腐レ女子系絵師。
但シ萌エハOldナモノニ限リ。

好キナ場所ハ上海,香港,京都。
記事検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]