忍者ブログ
腐レ絵師・宇賀慶のタダれた日々の記録。。。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えー、なんですか;
昨年末にご無沙汰していたイベントへ行って
正月3ヶ日には勧められた映画を中心に4本レンタルして
さらに年末りす先輩からお渡しいただいた"銀魂"アニメを
昨晩まで時間のある時に観ていたわけですが。

エンタメって難しいもので;;;(何をいきなり!?)

今回レンタルした映画の中には敢えて自分の関心がほぼ
むいてないもの…というか萌ヱポイントの無い(笑)もので、
かつ勧められたもの、評判のあったものなどだったんですが。

ストーリーとしては面白い。
手法も斬新なものもあったり。
けれども既存を揺さぶってくるような衝撃はなくて
「何がどうなったか気になったから観た」的な感想に落ち着いてしまい
何とも残念な気分でございました。

というより世間で云われる面白いの範疇と自分が感じるその範疇に
ギャップでもあるんじゃないのかと微妙に疑いが…。
そもそもストーリーなんてものは「何がどうした」が軸にあるのが
基本なんですけれどもxxx
果たして何を期待してたんだ自分、という漠然としたものが。

で、同時に銀魂を観ていてややベタ(笑)でパロディ満載なギャグに
大笑いして和んでいるわけですが、それと平行して、
それこそJ9辺りから繰り返し発生するアニパロ同人というものの
存在にふと我に返ってみたり。
考えて見ればあまり漫画のみしか媒体展開されていないものには
一群の同人が発生していないよなぁと…広域媒体だから数も多い?
だけではないよなぁと頭の中をぐるぐる。
予め萌ヱが設定されている頂点がTVアニメなんですかね;

で、りすさんに読んでみそと勧められたAERA漫画特集の
井上x重松対談を立ち読みしてみたわけですが
何だかエンタメvsアートの部分で引っ掛かるものがあり…;
アートは自分だけの世界じゃ有りませんぜ、ダンナ。と
ツッコミをいれつつ、では結局エンタメとアートと人って
何じゃい、と更に道深く分け入る状態になるのでありました。
(他にも漫画は記号で、描き込み効率と週刊ベースでの反比例から
いづれ絵描きのみで仕事をという方向に話が進んでいましたが
結局彼も自分の世界に入ろうとしているのかなと…笑)

レクリエーションとアートとエンタメ。
自分でやるのか、人のを見るのか?
つまるところ、何でも自分が作り上げているから楽しいハズで、
技術を学び或いは盗むために人様の作品を見るのであれば
何とも寂しいことかと…。
実際お能を観に行く人は多くがご自分で楽しむために習っているので
芸を磨くのもあって観に行ったりするわけですが、
始めは誰だって他人の作り上げたものに心を動かされて自分も始めるもの。

多分最近自分が"見ざる描かざる読まざる"という状況にあったのは
今の多くのエンタメが生計(商売)維持のために無理して作られている
ように思えて、広告ばかりが目に付き、やはり観ても感動がないせいで。
(哀しい事にCSI:MIA以外それは実はまだそうだったりするんですが;;)
自分の感性が死んだのだろーかとその反動で能楽や仏像、建築、絵画
などに無意識に、幸いな事にまだ感動できる自分が居たのでよかったですが。

長々と巡ってみましたが、本年の課題はこれ2本で行きたいと。

「何故人はアートに感動するのか?」
「エンタメ鑑賞には開き直りが必要なのか?」


エンタメって畢竟コメディなんだと思うんですけどね…。
PR
*Comment*
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あれ?
二度、記入したコメントが消えてしまいました。。。あきらめます。。。またお茶したときにお話します。。。
りす 2007/01/06(Sat)23:05 編集
ヘンですね…
特にメンテも障害もなかったようですが
2度もお手間掛けちゃってスミマセン;;
ではお茶した時に伺います!
Uga 2007/01/07(Sun)13:55 編集
<久しぶりに泣いた本   HOME   新年好!>
91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  81 
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
管理人
HN:
宇賀 慶
HP:
性別:
女性
職業:
Hourly wage worker
趣味:
映画/建築/能楽/仏像 等ノ鑑賞
自己紹介:
都内棲息。
所謂、腐レ女子系絵師。
但シ萌エハOldナモノニ限リ。

好キナ場所ハ上海,香港,京都。
記事検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]