忍者ブログ
腐レ絵師・宇賀慶のタダれた日々の記録。。。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新が遅れていましたが、漸くフルデジタルで描いたコマモノ@ギンタマをうpしたので
全くダメ子な出来でもご覧いただければ;;…v
下書からトーンまでPCとペンタブのみで出来るのは利点ですが、線を入れども入れども気に入らず
やり直しばかりで最後まで修正できてしまうデメリットもありました。
確かにね、仕上がりは美しく見えるんだけれども…ブラウザからでは相当な差が発生。
モノクロ2階調にしてみて愕然としてたり……補正も大変。
主線まではできればアナログで続けたいところですが、
スキャン不可な原稿サイズを考えるとこれに馴れるしかないのかも…xxx

それはそうと。
昨日上がりを目前にして気分転換に2wk限定公開のバオハザ映画を見てきました。
ゲームを挫折している者にとってはありがたやな一本。
挫けて公式サイトとかもすっかり行かなくなってしまって全く知らなかったんですが
マジJR電車広告よ有難う!
あまりにも上出来な仕上がりで、CGだという違和感もあまり感じずに観終えて
そのことに超感動してニヤついて怪しい人になって帰ってきました。ラストリオンカコエエw
カウントダウンの連続でハラハラさせられっぱなしでもう…ゆっくり見直ししたいです。
早いDVD化が待たれます。
来年には5でお兄ちゃんinアフリカですよ!
…wiiのクロニクルも手をつけてない上、プレイも難しそうで足踏みなんですけど…。
どうしてゲーム環境に育たなかったのかウチは……ウェスカー!!!

エンタメつながりで。
先日レンタルに行ったらCSI:miamiのシリーズが出てたす。
3以後見てないので時間作って輸入版を密林で買おうかと思いますが…
まー来春からの収入をどうするかが先でしょね…。んークビキリイタイにょ;;
そんでもって今更ながらKillBillを観た…
リアリティなど無縁だから出来るお話だった…
ワタクシには無縁なエンタメだった…
物語の恣意性を改めて実感。
ありえねぇぇぇ!!!! (とツッコんでおく)
PR
うう、ツボな作品を見つけた時は嬉しいもので…v
銀魂での萌返しついでに幕末絡みの映画をここ最近レンタルの際
チェックしてるのですが。
川島雄三監督の『幕末太陽傳』を今日観てまして、
画面的な作りも筋立ても面白くてかなり良かった。
主演がフランキー堺とコメディなんですが、彼の立ち位置が
銀サンちっくかなと。いえ、勿論性格とかも全く違うんですけど。
商人上がりで品川宿の遊女屋に厄介になりつつ
有償なら何でも色々と立ち回りそれぞれの問題を解決していく、
といった……ん?
高杉晋作(でも裕次郎だけど)とか久坂玄瑞とか志士の面々も
出てきますのできっと万人に見ていただいても飽きない事かとv
遊女がまたセンスの良い感じなんですよねー。
女性描くのが苦手なワタクシにはじわりと参考になりましたv
同監督『しとやかな獣』も女性の描き方が上手いんですよ…はぁ。

幕末モノといやぁ、ドラマ『花神』のビデオを10年前に全巻
揃えておきながらまだ一話も見れてません…テープ腐るヨ;
実家から持って来ようとしたら次は拙宅のデッキが壊れました。
DVD等の機器を管理しているのがダンナのため、何にも出来ず。
そう、木曜18:00のテレ東放映も録画できないですよ。
最悪な事にTVアンテナは亭主の部屋に一個だけなので
マジでワンセグチューナーfor PC の購入を考えております。
あ、同時にDVD-RWのVista機にしないとダメなんでしたっけ。
…金、かかりまくりじゃん;;

それはそうと。
CSI:マイアミseason2のBOXがやっと出る(出た?)らしく。遅いなー;
あと自分に朗報だったのがGONINがBOXで発売になったとのこと。
でも今この太陽傳と銀魂を優先に欲しいのでちょっと困ってます(笑)
やっぱり和モノが好きらしい自分…。
銀魂はBOX化まで待とうかなー;;
fuck'n "Departed"がアカデミーとは;;
だったらIAに外国語映画賞でもくれりゃええんにのー、
と昨夜から不満ぶーぶーの宇賀でございますよ、ホントに。

それはそうと思い出しましたが。
IAとデパーテッド(以下DP)の描かれ方の大きな違いは女性キャラでございましたね。
IAはヤンにもラウにもひとりづつでしたが、DPは1人を共有…(笑)
その代わりと云っては何ですがIAでは何となしの緊密感が彼等にあった
一方で、DPでは何だか女医が間に入ることで壁が出来た感じで。
これってホモソーシャル的アジア映画とホモフォビア的アメリカ映画
(ただし女を共有することでの潜在的な同盟が見え隠れする)の
判りやすい例ではないかと思ったりするのでありました。
ちょっとそう考えると面白い?かも。

何だかDPもヒットしたら3部作化とかほざいてるそうですから(笑)
"だったらはじめからそのつもりで作れや!!"というのがワタクシの
怒りでございましたよ。あの後どう繋ぐのかしら…;

ここ最近は詰め詰めの日程ながらDVDを6枚ほど見ました(笑)
アフォなもので半額レンタルで借りすぎたんで流し観でしたが、
Batman Bigins(あれ、Bigining?)はちょっとお気に入りです。
そのうちまたレヴュ~できればと思います。
21日に観て来ました。
やっぱりメリケン人にかかると(特にスコセッシ作になると)
まーったくインパクトもなく;
いろいろ材料を入れ込むのはいいのだけれども、
どうにも消化しきれずにあのラストなんで、
やっぱり観に行ったアッシが阿呆でござんしたかと
美しくもエロくもないヤローどもに約2時間強のガマン大会で
ございましたよ……テメーらにアジアンエロスが判って堪るかと
映像のスタイリズムも鑑賞の重要なファクターなのだと
実感したところです。

つい先日まで映像作品の"画"の美しさはストーリーや題材の
面白さに比べて評価されないものとして考えてましたが
只今どハマり中の某漫画の絵が次第に洗練されていくのを見ると
映像の中の情報整理で印象も変わるんだなぁと思いました…。
反面綺麗すぎるとキモい…というか話が死んでることが多いのも事実で
その辺は結局アートvsエンタメの話題になっていくのですが
ともあれ、最低限に上手く見せるためのワザというのは必要なようなので
自分も描く時には気をつけたいかも;;
えー、なんですか;
昨年末にご無沙汰していたイベントへ行って
正月3ヶ日には勧められた映画を中心に4本レンタルして
さらに年末りす先輩からお渡しいただいた"銀魂"アニメを
昨晩まで時間のある時に観ていたわけですが。

エンタメって難しいもので;;;(何をいきなり!?)

今回レンタルした映画の中には敢えて自分の関心がほぼ
むいてないもの…というか萌ヱポイントの無い(笑)もので、
かつ勧められたもの、評判のあったものなどだったんですが。

ストーリーとしては面白い。
手法も斬新なものもあったり。
けれども既存を揺さぶってくるような衝撃はなくて
「何がどうなったか気になったから観た」的な感想に落ち着いてしまい
何とも残念な気分でございました。

というより世間で云われる面白いの範疇と自分が感じるその範疇に
ギャップでもあるんじゃないのかと微妙に疑いが…。
そもそもストーリーなんてものは「何がどうした」が軸にあるのが
基本なんですけれどもxxx
果たして何を期待してたんだ自分、という漠然としたものが。

で、同時に銀魂を観ていてややベタ(笑)でパロディ満載なギャグに
大笑いして和んでいるわけですが、それと平行して、
それこそJ9辺りから繰り返し発生するアニパロ同人というものの
存在にふと我に返ってみたり。
考えて見ればあまり漫画のみしか媒体展開されていないものには
一群の同人が発生していないよなぁと…広域媒体だから数も多い?
だけではないよなぁと頭の中をぐるぐる。
予め萌ヱが設定されている頂点がTVアニメなんですかね;

で、りすさんに読んでみそと勧められたAERA漫画特集の
井上x重松対談を立ち読みしてみたわけですが
何だかエンタメvsアートの部分で引っ掛かるものがあり…;
アートは自分だけの世界じゃ有りませんぜ、ダンナ。と
ツッコミをいれつつ、では結局エンタメとアートと人って
何じゃい、と更に道深く分け入る状態になるのでありました。
(他にも漫画は記号で、描き込み効率と週刊ベースでの反比例から
いづれ絵描きのみで仕事をという方向に話が進んでいましたが
結局彼も自分の世界に入ろうとしているのかなと…笑)

レクリエーションとアートとエンタメ。
自分でやるのか、人のを見るのか?
つまるところ、何でも自分が作り上げているから楽しいハズで、
技術を学び或いは盗むために人様の作品を見るのであれば
何とも寂しいことかと…。
実際お能を観に行く人は多くがご自分で楽しむために習っているので
芸を磨くのもあって観に行ったりするわけですが、
始めは誰だって他人の作り上げたものに心を動かされて自分も始めるもの。

多分最近自分が"見ざる描かざる読まざる"という状況にあったのは
今の多くのエンタメが生計(商売)維持のために無理して作られている
ように思えて、広告ばかりが目に付き、やはり観ても感動がないせいで。
(哀しい事にCSI:MIA以外それは実はまだそうだったりするんですが;;)
自分の感性が死んだのだろーかとその反動で能楽や仏像、建築、絵画
などに無意識に、幸いな事にまだ感動できる自分が居たのでよかったですが。

長々と巡ってみましたが、本年の課題はこれ2本で行きたいと。

「何故人はアートに感動するのか?」
「エンタメ鑑賞には開き直りが必要なのか?」


エンタメって畢竟コメディなんだと思うんですけどね…。
 HOME   次のページ>
1  2  3  4 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
管理人
HN:
宇賀 慶
HP:
性別:
女性
職業:
Hourly wage worker
趣味:
映画/建築/能楽/仏像 等ノ鑑賞
自己紹介:
都内棲息。
所謂、腐レ女子系絵師。
但シ萌エハOldナモノニ限リ。

好キナ場所ハ上海,香港,京都。
記事検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]