忍者ブログ
腐レ絵師・宇賀慶のタダれた日々の記録。。。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

作家・栗本薫さんが去る26日に膵臓癌で永眠されたとのこと。
かつて"まかすこ"の同人をやっていたのもあり、青春時代は大変お世話になりました。
もともと読書嫌いだったのですが、面白いから読め!と勧められた『魔界水滸伝』はノリで読めて、その時に小説も面白いのだということを教えていただいたようなものです。
当時は今でいうティーンズ文庫のようなものも少なくて、小説は小説、漫画は漫画、アニメはアニメ、という垣根があった感じでしたが栗本さんが堂々と「私はコレが好きなの!!!」とメディアミックス方向やらJ●neやらに突っ走っていってくれたからこその今のフリーダムがあるわけで(笑)
今考えると結構書いていらっしゃった中には無茶苦茶な世界観も多かったなとツッコミいれるんですけれどね(笑;)、そこかしこに散りばめられたネタで色々と勉強させていただいたと思います。
『新・魔界~』だって密かに続きを待っていたんですが…やはり待っていますという意思表明はファンとしてしなければいけなかったことだとも改めて思いますね…。
『グイン』も終幕せずに、現代としては短い生涯を終えられてしまって非常に残念です。

なんか、つい先ごろ好きだった忌野サンも亡くなってしまったので…より寂しく…。
癌は本当に早いですね;

同じ世代ではありませんが、同じ生島先生のファンとしても、
先達として居てくださるのは心強かったです。

栗本先生、間接的にですが本当にお世話になりました。長い闘病生活、お疲れ様でした。
ご冥福をお祈りいたします。。。
PR
本当にご無沙汰してしまって多分広告ブログになってしまっているんじゃないかと…。
いや、マジすみません。
生島サンの命日には原稿で修羅場ってました…毎年こんな感じ。
そろそろ時間を空けて上から下までサイトの中身を組み直ししたいほどなんですが…。
5月のギン○マ新刊出すまではきっとアナログてテンパっていることでしょう。
昨年末に派遣業務が終わって年始から2月半ばまでのんびりしてましたが
その後、オタ技術を生かせるバイトに就いて今日で一ヶ月です。
何だかまた社員の仕事の引継ぎなんかやっていて、
当初の募集内容と業務が違ってきちゃってますが…前途多難。
(またかよ…っていう…)
他にもちょっとお声を掛けて頂いて今度プロの方の御宅へ原稿の手伝いに伺うことになり、
この方面の仕事に切り替えてから間口が広くなった感じで。
もうちょっと早くても良かったのかとも思いましたが、多分今の歳だからこそ
そう感じられるようになったのかなと思います。

をを、昼休み終了でっす。
続きはまた数日後にでもw
予想に反して注文していた家具が届いてしまい片付けに四苦八苦でした。遅刻すみまッせーん!

さて。
前に書いた通りですが年内で現在の勤務先とはオサラバと本決定になりました。
やはりリーマンに連なる株下落が響いたのか、延長しそうな気配だったのにあっけなく覆りましたよ。相場ってコワ…。派遣的には2年と9ヶ月でも長期と看做されるんですが、あと3ヶ月続いたらイベントも乗り切れたのに…。
ということで問題発生。

印 刷 費 が ナ イ !!

…いや、すぐ仕事決まればいいんですが、根っこがマダヲなので。
歯医者で保険適用外での5本の虫歯治療(金被せにした)にン十万も掛けてしまったので貯金スッカラカン;丸3年で辞めようと思っていて、残り3ヶ月でその穴埋めをするつもりだったのでとんだ番狂わせでございます。
修羅場中でも歯磨きはこまめにすべきと身を以って知りました…ね。

そういうことで、本を出せるとすれば最低限での装丁になる気配なので地味に小部数で行きたいと…。最悪コピー本かもしれない。
今後は~…オフラインはどうにも失業の身にはキツイのでオン活動限定に変更しようかとも考えております。ダラダラ無期限で出来るのが利点でも欠点でもあり…。
ただこの先のお仕事について本格的に始めるとすれば土日関係無くなってしまうのでこれも仕方ないかなとも…というか同人する暇もないかもしれない心配が…。紙ベースでご覧になりたい方もいらっしゃるとは思うので通販のみで出すことも検討しております。嗚呼、色々何とかしたい。

この先って何やるのか?
ふふふ…具体的にはまだ書けませんが派遣はやらない予定。やりたい仕事に絞っていく方向でw
やっぱり気持ちに偽りのある仕事は長続きしない性分だと充分に自己理解したのでスタートが遅い、もう手遅れだと喩え云われてもね、頑張るしか自分を救えないっす。安定しないどころか仕事になるのかも判りませんが、一生一度、やれることはやって悔い無き人生をと、ぼちぼち人生折り返し地点が見えてきたところで改めて。あとは体力かな…徹夜も多くなるハズ。馴れてはいるけど油断は禁物。

即スタートではないのでご報告はまた状況を見つつ…。

ついにリストラの波がやってまいりました。
外資はズパッと切るので容赦ないですホントニ。
年内で今の勤務先は終了になるかもしれません。
内々で通知があったんですがほぼ本決定かな…。
高時給を謳い文句にしてますが、ボーナスと交通費が出ないので
平均より上限の時給でも一般会社員とほぼトントンなんですよ実態は。
それでもって権限は半端なのに社員並に働けと云われるのはどうよと思う。
っていうか愚痴ってしまうけど、接待費やらエアーやら経費豪遊して
営業成績悪いから人員切るってのは最悪な経営陣でさぁね。
責任を認めない余所のお国柄にはホント呆れちまうぜ…。

もうマジ派遣は疲れました…ダメ子ちゃん社員と比較しちゃうからね;
全く別業態で働きたいと思う希望はあるので正社員で応募してみるか、
あるいは積年の夢に挑戦してみるか…。

頑張りますう。
ここ何週間か買い続けているサムプに連載中のバクマンを読んでいるとココロがちょっと痛い…;
何だか今更ながら漫画の描き方の基礎をこういう形で読むとは思わなくて
昨今スクールとかに行くのも当たり前のようになっている業界としては
いや、そこまでこだわらなくても良いんじゃね?なんて思うワタクシは
やっぱりトシなんだろうなー;;;
既に海外もマーケットになっての一大産業になってしまったのだから
ハリウッド的な手法主義になっても仕方ないのかなとは思いますが…。
別に主ペンはGでなくてもいいと思うし、多少のデッサンの狂いも案外コマに
乗っけてしまえば読めてしまうものだし。
我々世代が育ってきた時の漫画というのはもっと多様で作家さんにも固有の
スタイルがあって、少女漫画なんてのは最初は皆似たような絵ではあったけれども
段々と個性が生まれて、その成長過程も楽しみの一つだったのですが…。
今の世代はいきなり高いレベルを要求されてますよね。
同人という土壌である程度やってないと見てももらえないような…。
出版業界自体が育てるという意識がないから作家も次第に使い捨てにもなるし。

そらちサン、25巻の新旧編集対談でO西さんから絵が下手とか云われてますけど(笑)
ワタクシなんぞにしてみれば某有名海賊漫画やxxxよりも整然としていて読みやすいです。
上手すぎる人を見ると隙が無さ過ぎて、行間の読めない小説みたいで萎える…。
あの頑固さで負けないで欲しいですよそらちセンセ。

そして自分もユルめ絵…ツメの甘さはそれでいいと思っているから上手くなりようもないんだろうなー;;
デジタルで何とかなる部分でもないです。やるなら一から直していかないとね…。
<前のページ   HOME   次のページ>
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
管理人
HN:
宇賀 慶
HP:
性別:
女性
職業:
Hourly wage worker
趣味:
映画/建築/能楽/仏像 等ノ鑑賞
自己紹介:
都内棲息。
所謂、腐レ女子系絵師。
但シ萌エハOldナモノニ限リ。

好キナ場所ハ上海,香港,京都。
記事検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]