忍者ブログ
腐レ絵師・宇賀慶のタダれた日々の記録。。。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


えー、これはシゴトではなくて漫画を描くという全般のハナシ…なのか?

今回同人のほうでようやくデジタル作業に時間が取れたので(というか一切シゴトしてない状態でやばいはやばいんですが;)コミスタのパース定規を使いました。
今までアナログでやっていた寸法取りや定規の扱いは一体なんだったのというぐらいにスイスイ描けてしまい、猛烈感動かつ何やっていたの自分もっと早く使い始めれば良かったじゃんと猛省。そうですよね、そもそもこんな立体の取り方は機械のほうが得意ですよね。とはいえ、フルデジタルも今回が初めてだったのでピンとこなかったところだったんですが。

使用しているver.は4.0EXなので3D機能もついてます。3Dをフレームにアタリと分割を確認しつつパース定規でもって遠慮なく青線でアタリを入れ、定規レイヤーを実線用のレイヤーにそのままスライドさせて黒線を引けば完成。きちんと放射線上にも平行線上にも見えない定規が無数に走っているので、任意のところで真っ直ぐな線を定規を使用せずに引けます。なんと恐ろしい…。しかも線圧はペンタブ調整になるので職人芸的な技術をさして要求されずに一定の線を引くことも可能です。
ワタクシなんぞは亀以下の作業なので画像のコマ一個の背景を描くのに下絵・ペン入れで多分半日は掛かっていたと思うのですが(線のズレや修正も多いので一発で決まらない、等)、フルデジタルで約一時間も掛かからず全作業が終わりました…よ。え?何コレ?的な。
同人ということで雑な仕上がりでもありますが、丁寧にやっても手で描くよりははるかに早い。

で。コレを使ってみて思ったのは、アシを今から始めるよりはこっちをマスターしたほうがはるかに早いよね絶対、ということ。
トーン費用もアシも多く使わずに済んでしまうんですね。
カクカクしたデジタルのテイストが嫌だから手描きに拘って、というのも本当はやっていければいいのですが、時間とコストを考えればこちらに軍配が上がってしまいそうです。デジタルにも設備投資とか必要なものはありますが継続的に続く人件費と比べてどちらが高いだろうか、とか。

漫画が難しいと同時に魅力的だなと思うのは、ストーリーか絵か、「所詮は物語」か「見目麗しい絵本」の鬩ぎ合う点。
漫画家は作家であると同時に画家であることを要求されていて、どちらかが秀で過ぎてていればどちらかが劣っているのが大抵です。だから最近の漫画は2人一組で構成するのだと思われますが…。一個人の限られた時間の中で双方を同時に満たすのはまず稀ですよね。
いわゆる当たる漫画家、というのは2人であれ1人であれ絵が下手であれ話が散漫であれ、その世界観を表現し得て読者を世界に引き摺りこんだ者である、のだと定義すべきかなと。
まぁ漫画家に第一に要求されるのは「面白さ」となりますので当然物語のウェイトが高いものだし、そうあるべきだし、実際そうだと思いますが。
ちなみにワタクシ個人的には、絵が上手すぎる場合、内容は期待せず好みかそうでないかで分けたりします。絵が全てではない、と思いたい最近の漫画業界。。。漫画家を目指す人はお話が描けるようにしないと…ね。

さて、その中でのアシという作業。
漫画家の最終目的は"世界観を表現できればOK"
それを支援するのがアシの役割です。
デジタルかアナログか。
多分、議論は「表現できればいい」、という一言に尽きるでしょう。
目下プロはアナログでの原稿作成が一般的ですが、デジタルツールで表現が可能ならそれでもいいのではないかと。

ネットでも現場でも「アナログで描けるほうが優秀」という変なプロ意識を見たり聞いたりするのですが…個人的にはどうかな、と。
こう、手描きにプライドや誇りを持つ方というのはいいことだと思うのですが、原稿一枚の価値・価格判断をされる方は多分漫画家ではなく画家やイラストレーターになられたほうが向いてるんじゃないかと思うのですよ。ウワサには「自分のほうが上手い」とお世話になる先生を影で哂うアシさんも中にはいらっしゃるそうなので、ちょっと目的間違えてしまうとイタイですよね。そういうメンタル面のことや備品の盗難などでご苦労される先生も多い場合、下手な煩わしさから解放されるのであればデジタル導入もとお考えになる場合もあるでしょうし。

現在不況で出版界も低迷と云われている状況、原稿料も上がらず連載貧乏をされている漫画家さんもいらっしゃるなかで漫画家に対してのコスト据え置きやダウン要求もあってか、デジコミ配信企画のアマ対象の公募に多数のプロの方が低価でも応募してくるのが実態でもあります。
平行して同人でもオンライン販売が可能になり、アマチュアの方の"印税"収入も容易になったと云えますし、世の中デジタルの比重も高くなり受け入れられる環境も育ちつつあるかと思います。
アナログかデジタルか、という論議は置いて、変に拘らずベストな方法で面白いものを生み出していただきたいですよね。

セルsiス様には素晴らしいソフトを有難う&もっとアレンジの幅を拡張して開発を続けていただきたいなとエール送っておきますw

アシ的には両方できたほうがこの先重宝されること受け合い…。
遅いスタートだったのでワタクシはアナログのほうが課題っぽいです、むーん。

PR
*Comment*
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
管理人
HN:
宇賀 慶
HP:
性別:
女性
職業:
Hourly wage worker
趣味:
映画/建築/能楽/仏像 等ノ鑑賞
自己紹介:
都内棲息。
所謂、腐レ女子系絵師。
但シ萌エハOldナモノニ限リ。

好キナ場所ハ上海,香港,京都。
記事検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]